福島イノベーション・コースト構想促進事業

福島県復興に資する知を有し、組織的に教育研究活動を行う全国の大学等を支援することにより、浜通り地域等に「復興知」を誘導・集積することを目的としたプロジェクト
※2018年度採択されました。
このたびの事業では、近畿大学は総力を挙げて、これまでの福島県川俣町での再生支援と復興支援を柱として、川俣町民の意見を取り入れつつ、学生の知を組織的に活用した復興支援策を実行し、一つの復興モデルを構築することを目的とします。

福島イノベーション・コースト構想 HP

活動内容

2019年12月20日(金)~22日(日)福島市の中合福島店にて『クリスマス かわまたアンスリウム展~特別パネル展「アンスリウム栽培からSDGsを考える」~』を開催しました

近畿大学は「“オール近大”川俣町復興支援プロジェクト」の一環として、平成25年(2013年)に川俣町にビニールハウスを設置し、本学教員の指導もとポリエステル媒地を使用したアンスリウムの栽培支援と研究を継続的に行っています。今回は「かわまたアンスリウム」を県民にもっと広く知ってもらうことを目的に、アンスリウムの展示即売会や、アンスリウムとオーガニックコットンを使ったミニクリスマスツリーワークショップ、SDGs(持続可能な開発目標)についてのパネル展示発表を行いました。3日間で合計約500名の来場がありました。

2019年12月20日(金)~22日(日)福島市の中合福島店にて『クリスマス かわまたアンスリウム展~特別パネル展「アンスリウム栽培からSDGsを考える」~』を開催しました

2019年11月20日(水)、21日(木)農学部川西ゼミ、大石ゼミは川俣町内でフィールドワークを行いました

農学部川西ゼミ[川俣町産業振興プロジェクト(特産品開発)]・大石ゼミ[川俣町産業振興プロジェクト(農業振興)]は道の駅川俣を訪問、川俣シャモファームにて川俣シャモリーフレット用の写真撮影を行いました。

2019年10月3日(木)~5日(土)農学部川西・明神ゼミが川俣町内でフィールドワークを行いました

農学部川西ゼミ、大石ゼミは㈱川俣町農業振興公社、川俣町との産官学連携により「川俣シャモ すき焼きセット」を企画・開発をしました

農学部川西ゼミ[川俣町産業振興プロジェクト(特産品開発)]・大石ゼミ[川俣町産業振興プロジェクト(農業振興)]は㈱川俣町農業振興公社、川俣町との産官学連携により川俣町の特産品である川俣シャモを使用した「川俣シャモ すき焼きセット」を企画・開発をしました。
令和元年11月20日(水)より道の駅「川俣シルクピア」での店頭販売、㈱川俣町農業振興公社が運営する川俣シャモ専門店「地鶏屋本舗」のWEBサイトでの通信販売を開始します。あわせて川俣町のふるさと納税の返礼品にも選定され、今後活用されます。

■購入・お取り寄せの方法
[通信販売]
川俣シャモ専門店 地鶏屋本舗((株)川俣町農業振興公社 運営)
https://www.kawamata-shamo.com/

[ふるさと納税(返礼品)] ※ふるさと納税の場合、着日の指定はできませんのでご注意下さい。
川俣町役場 川俣町ふるさとづくり寄附金
(ふるさとチョイス、楽天、さとふるが利用可能) https://www.town.kawamata.lg.jp/site/kurashi-tetsuzuki/hurusato-kihukin.html

2019年10月3日(木)~5日(土)農学部川西・明神ゼミが川俣町内でフィールドワークを行いました

フライヤー(川俣シャモすき焼きセット)

リリース

2019年10月3日(木)~5日(土)農学部川西・明神ゼミが川俣町内でフィールドワークを行いました

農学部川西・明神ゼミ[川俣町産業振興プロジェクト(特産品開発)]は、こんにゃく工房の視察や農業振興公社等の視察・見学を行いました。

2019年10月3日(木)~5日(土)農学部川西・明神ゼミが川俣町内でフィールドワークを行いました

2019年8月30日(土)、9月1日(日)農学部川西ゼミ、大石ゼミは第17回川俣シャモまつりin川俣にて「近大食堂inかわまた」を出店、アンケート調査を実施

農学部川西ゼミ[川俣町産業振興プロジェクト(特産品開発)]・大石ゼミ[川俣町産業振興プロジェクト(農業振興)]は、川俣シャモまつりin川俣にて「近大食堂inかわまた」を出店、アンスリウムクッキーの試食アンケートおよび来場者アンケートを実施しました。近大食堂は、2日とも2時間以内に完売しました。またアンスリウムクッキーの試食アンケートは、今後商品化に向けた進展があると期待できるアンケート結果となり、来場者アンケートは川俣シャモまつりやシャモ料理についての意見を2日計で300名から得ることができました。

2019年8月30日(土)、9月1日(日)農学部川西ゼミ、大石ゼミは第17回川俣シャモまつりin川俣にて「近大食堂inかわまた」を出店、アンケート調査を実施

リリース

2019年8月26日(月)、27日(火)、福島県福島市のコラッセふくしま(1階アトリウム:JR福島駅西口)にて「かわまたの花 アンスリウム×近大アート展」を開催しました

川俣町のアンスリウムをPRする「かわまたの花アンスリウム×近大アート展」が開催されました。文芸学部芸術学科の学生約50名が制作したガラスや陶製の花器にアンスリウムを飾り、学生がデザインしたPRポスター展を行いました。
川俣町ポリエステル媒地活用推進組合と近畿大学は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故以来、アンスリウムの特産化を進めています。会場には赤や黄色、オレンジなどのアンスリウム約400株が並びました。
2日間で合計約千人の来場がありました。

2019年8月26日(月)、27日(火)、福島県福島市のコラッセふくしま(1階アトリウム:JR福島駅西口)にて「かわまたの花 アンスリウム×近大アート展」を開催しました

2019年8月26日(月)、27日(火)、福島県福島市のコラッセふくしま(1階アトリウム:JR福島駅西口)にて「かわまたの花 アンスリウム×近大アート展」を開催いたします

このイベントは、福島県川俣町、川俣町ポリエステル媒地活用推進組合および近畿大学が、東日本大震災および福島第一原発事故以来、「“オール近大”川俣町復興支援プロジェクト」のもとで栽培に取り組んできた「かわまたアンスリウム」をPRするものです。

川俣町HP

フライヤー

2019年7月13日(土)、14日(日) 除染研究・心身ケアグループは川俣町内での野生キノコ等の採取や線量率測定を行いました

除染研究・心身ケアグループはきのこグループと線量測定グループに分かれてフィールドワークを実施しました。
きのこグループは、川俣町山木屋の山林で野生キノコを採取するとともに、その場の線量率を測定しました。また、周辺の土壌も採取を行いました。雨の中の採取でありましたが、20か所の試料採取ができました。採取した試料は東大阪キャンパスに持ち帰って測定のための前処理を行います。
線量測定グループは、町内のモニタリングポストとその周辺での線量率測定を行いました。モニタリングポスト間においても線量率測定を実施し、その地勢についても調査しました。これにより、各モニタリングポストの線量率の代表性について考察します。

2019年7月13日(土)~14日(月)に除染研究・心身ケアグループはきのこグループと線量測定グループに分かれてフィールドワークを実施しました

2019年7月13日(土)農学部にて「川俣シャモ」レシピコンテストを開催しました

川俣町の特産品である「川俣シャモ」を使用したレシピコンテストを開催しました。農学部生がレシピの考案を行い、様々なオリジナルメニューの料理を披露しました。川俣町からは佐藤金正町長、川俣シャモまつり実行委員会の池田義寛委員長らが審査し、優勝作品は「かわまた寿司」に決定しました。コンテスト優勝作品は、「第17回川俣まつりin川俣」に出品し、地元の方・観光客の方に食していただくことで川俣シャモの良さを学生からアピールします。

優勝作品「かわまた寿司」

リリース

2019年7月6日(土)~8日(月)に農学部大石ゼミ・文芸学部後藤ゼミが川俣町内でのフィールドワークを実施しました

大石ゼミ[川俣町産業振興プロジェクト(農業振興)]・後藤ゼミ(文芸学部)は、川俣町の農業・食品関連の事業者等と商品開発等に向けての意向調査・意見交換をしました。また、各種商品のデザイン検討のための情報収集を行いました。

2019年7月6日(土)~8日(月)に農学部大石ゼミ・文芸学部後藤ゼミが川俣町内でのフィールドワークを実施しました

2019年6月18日(火)、19日(水)農学部川西ゼミ・大石ゼミが川俣町内で打ち合わせを行いました

農学部川西ゼミ[川俣町産業振興プロジェクト(特産品開発)]・大石ゼミ[川俣町産業振興プロジェクト(農業振興)]は、アンスリウム関連商品の提案や川俣シャモコンテストおよびシャモまつりについての打ち合わせを行いました。

2019年6月18日(火)、19日(水)農学部川西ゼミ・大石ゼミが川俣町内で打ち合わせを行いました

2019年6月14日(金)~17日(月)社会連携国際学部合同チーム(復興支援)は、川俣ロードレースに参加し、フィールドワークやインタビュー等行いました

川俣町福田地区でのサイクルツーリズム実証のための準備と打ち合わせを行いました。また学生、教員が川俣ロードレースに参加して5kmを走り、ロードレース参加者に対して町の観光資源等について聞き取り調査を行いました。当日はあいにくの悪天候で、参加者への十分な聞き取りは行えませんでしたが、その他に廃校舎を利用した「おじまふるさと交流館」の利用者統計データの入手・分析、それに基づいてレンタサイクルや川俣シャモの卵ごはんなどを含めた活性化計画を交流館側と原則合意しました。またサイクリングツーリズム促進のためのサイクリングコース候補として「つぎたて花工房」「駒桜~七ツ森林道」「延命水」「飯野UFOの里と巨石群」などの案を作成しました。次回は8月にこれらの案の実証実験を行う予定です。

2019年6月14日(金)~17日(月)社会連携国際学部合同チーム(復興支援)は、川俣ロードレースに参加し、フィールドワークやインタビュー等行いました

リリース

2018年度福島イノベーション・コースト構想促進事業における活動を報告しました

2019年2月13日(水)に2018年度福島イノベーション・コースト構想促進事業における活動報告書を提出しました。

報告書(福島イノベーション・コースト構想促進事業)

2019年1月24日(木)、25日(金) 農学部川西ゼミ・大石ゼミが川俣町役場での打合せ、周辺地域でのフィールドワークを実施しました

2019年1月24日(木)、25日(金)に農学部川西ゼミ(川俣町産業振興プロジェクト(特産品開発))・大石ゼミ(川俣町産業振興プロジェクト(農業振興))は、今年度の活動結果の報告と次年度以降の活動内容の検討、周辺地域の道の駅の調査を行いました。

2019年1月24日(木)、25日(金) 農学部川西ゼミ・大石ゼミが川俣町役場での打合せ、周辺地域でのフィールドワークを実施しました

2018年12月25日(火)、26日(水) 理工学部西籔ゼミが川俣町役場で地元企業、町役場、商工会、川俣高校との報告会を実施しました

2018年12月25日(火)、26日(水)に理工学部西籔ゼミ(近大発・川俣ものづくりプロジェクト)は、8月16日(木)~20日(月)の意見交換会および現地見学を受け報告会を行いました。西籔ゼミの学生の『川俣ものづくり探検隊』が西籔ものづくりグループ報告会として、(1)震災・復興、(2)行政(町役場)、(3)産業(ものづくり)、(4)教育(川俣高校)の4チームに分かれて活動実績をそれぞれ発表し、地元企業等と意見交換をしました。

2018年12月25日(火)、26日(水) 理工学部西籔ゼミが川俣町役場で地元企業、町役場、商工会、川俣高校との報告会を実施しました

2018年12月5日(水) 川俣高校にて出前ゼミを実施しました

2018年12月5日(水)に近畿大学の理系の学生が講師となり、大学の研究室で打ち込んでいるモノやコト、科学技術の最先端の話題を提供し、川俣高校の生徒と一緒に自分たちの将来、福島(川俣町)の未来、産業や文化の振興を考える機会を提供しました。

ゼミ1
「放射線から身を守り、放射線を正しく使うために、放射線の測定について学ぶ」
ゼミ2
「宇宙マグロプロジェクトで超小型人工衛星を打ち上げ!」
ゼミ3
「ものづくりを楽しむ:ロボットを作る,ロボットを操る」

2018年12月5日(水) 川俣高校にて出前ゼミを実施しました

リリース

2018年10月27日(土)~30日(火) 農学部川西ゼミ・大石ゼミが川俣町内及び周辺地域でのフィールドワークを実施しました

2018年10月27日(土)~30日(火)に農学部川西ゼミ(川俣町産業振興プロジェクト(特産品開発))・大石ゼミ(川俣町産業振興プロジェクト(農業振興))は、川俣町の農業・食品関連の事業者等の意向調査・意見交換、周辺地域の道の駅等の調査を行いました。

2018年10月27日(土)~30日(火) 農学部川西ゼミ・大石ゼミが川俣町内及び周辺地域でのフィールドワークを実施しました

2018年9月27日(木)~29日(土) 除染研究・心身ケアグループは川俣町内でのフィールドワークを実施、町役場での現状の聞き取りを行いました

2018年9月27日(木)~29日(土)に除染研究・心身ケアグループは川俣町の放射線・放射能調査を実施しました。ため池周辺の調査、野生キノコの採収を行いました。

2018年9月27日(木)~29日(土) 除染研究・心身ケアグループは川俣町内でのフィールドワークを実施、町役場での現状の聞き取りを行いました

2018年9月26日(水) 農学部大石ゼミは川俣町内でのフィールドワークを実施しました

2018年9月26日(水)に農学部大石ゼミ(川俣町産業振興プロジェクト(農業振興))は、川俣町の農業・食品関連の事業者等の意向調査・意見交換を行いました。

2018年9月26日(水) 農学部大石ゼミは川俣町内でのフィールドワークを実施しました

2018年8月23日(木)、24日(金) 農学部大石ゼミは川俣町内でのフィールドワークを実施しました

2018年8月23日(木)、24日(金)に農学部大石ゼミ(川俣町産業振興プロジェクト(農業振興))は、川俣町の農業・食品関連の事業者等の意向調査・意見交換を行いました。

2018年8月23日(木)、24日(水) 農学部大石ゼミは川俣町内でのフィールドワークを実施しました

2018年8月16日(木)~20日(月) 理工学部西籔ゼミは川俣町役場で地元企業、町役場、川俣高校との意見交換を行いました

2018年8月16日(木)~20日(月)に理工学部西籔ゼミ(近大発・川俣ものづくりプロジェクト)は、近大ものづくり工房が主体となり編成した『川俣ものづくり探検隊』が川俣町および地元企業を訪問し、町役場や地域企業の方々と直接意見交換を行いました。震災による影響や現在抱えている課題について理解を深め、川俣高校と連携したものづくり支援の可能性や課題を探ることを目的に活動しました。

2018年8月16日(木)~20日(月) 理工学部西籔ゼミは川俣町役場で地元企業、町役場、川俣高校との意見交換を行いました