キャリア教育

1年次から段階的にキャリア教育を展開

本学部では早い段階から就業力(実社会で活躍するために必要な力)を身につけるために、1年次からキャリア関連科目を開講し、段階的なキャリア教育を展開しています。

(1)授業カリキュラム内でのキャリア教育

本学部のキャリア教育は、まず1年次に必修科目「ライフデザイン(2単位)」、「日本語の技法(1単位)」、を履修し、自己理解を深め、在学中の目標や将来的なライフプランを描くことからスタートします。
2年次には必修科目「論理的表現法Ⅰ(1単位)」、選択科目「論理的表現法Ⅱ(2単位)」、「キャリアデザイン(2単位)」を履修し、社会人としてふさわしい日本語表現を身に付け、卒業後のイメージを具体的に描けるようになります。
そして、3年次の選択科目「就職計画(2単位)」を履修し、就職活動に関する基本的知識を身に付け、どのように就職活動を行っていくのか計画を立てることで、無理なく就職活動をスタートすることができます。また、選択科目「インターンシップ」において、自らの専攻を含む関心分野や将来のキャリアに関連した企業で就業体験を行うことで、その仕事に就く能力が自らに備わっているかどうか(自らがその仕事で通用するかどうか)を見極めます。

キャリア教育

キャリア教育

(2)キャリア支援室(3号館1階)のサポート

一人ひとりの適性や希望に沿ったサポートを行うための就職専門スタッフが常駐しており、個別に相談をすることができます。就職活動時の書類作成や面接に関する相談はもちろんのこと、入学直後から自身の将来について相談することができ、不安を和らげ将来のイメージを具体的に描けるようサポートします。まずは気軽にスタッフに話しかけてみてください。
また、個別支援に加え、就職活動に関する各種セミナーや業界研究会、企業見学会、学内企業説明会も随時開催しており、進路選択のヒントとなる様々なきっかけや企業との出会いの場を提供しています。このような情報は随時ユニパ(学内ポータルサイト)で配信していますので、積極的に参加することで視野を広げることができます。

キャリア教育